口臭」カテゴリーアーカイブ

息が臭くないか心配で手に口をあてて喋ってしまう

昔から、歯が悪く歯を磨いてもすぐに虫歯になります。しかも酷い虫歯です。どうして私ばかりと、生きていくのが嫌になった事もあります。中学生くらいから歯周病注意とかよく書かれていましたが、全然親は気にもしてくれないので前歯は虫歯が酷くなり差し歯です。おまけに歯の色も少し黒いので笑うのも恥ずかしかったです。昔は今みたいに色々もんだみんとか歯の隙間を掃除するのもなかったので、歯を磨くだけで虫歯になってしまい。歯医者にも長く通っていました。今もそうです。

ブレスマイルウォッシュの効果と口コミ評価!販売店での市販状況もレポート!

何か食べた後人と喋ったらものすごく臭かったのか体をのけぞられました。すごいショックでたまりませんでした。磨いても銀歯から虫歯になってしまい歯医者が嫌いなので痛くて下手で、ぎりぎりまで我慢してしまうと根っこまで悪くなって激痛で仕方なく歯医者に行く感じでいっそのこと差し歯の方が歯が綺麗に見えるのでそっちの方がいいのかな?と感じています。

そうすれば、歯の臭さも感じないし。歯の色もきれいになります。歯が弱くてすぐ虫歯になるのに歯磨きしかしてこなかった自分が悪いので、歯冠ブラシとかもやってせめてもう10年は自分の歯でいられるようにしたいですが、口臭が気になるので人と喋るのが怖いです。

口臭は歯磨きだけではダメ。3か月に一度は歯石を取ろう。

歯磨きしているから口臭対策は大丈夫!

そんな風に思っていませんか?

歯磨きをどんなに頑張っても口臭は消えない方は、歯医者で歯石除去をお願いしてみましょう。

何かを食べた後、歯磨きをしないでいると歯がネバネバしますよね。

これを歯垢(しこう)といって、細菌が発生している証拠です。

細菌は自分の周りにバイオフィルムと呼ばれるネバネバを出して居心地の良い巣を作ります。

歯磨きでこの歯垢を落とすのですが、完全には落としきれません。

歯垢が食べ物や水にふくまれるカルシウムイオンと結びつくと、歯磨きでは落としきれない歯石になってしまいます。

歯石が付くと歯の表面がザラザラしてくるんですが、こうなると食べかすや菌が引っかかりやすくなります。

この繰り返しで地層のように歯石が蓄積していきます。

http://www.khaosoi.jp/

問題は、この歯石の中で細菌が生きているということ。

歯磨き程度の攻撃ではびくともしない要塞を築いているんです。

この要塞の中で、細菌は食べかすを分解し、「臭い分子」や「毒になる分子」を作り出します。

「臭い分子」は口臭の元になる臭いですね。

「毒になる分子」は歯を溶かすだけでなく、歯茎の腫れと膿、出血を起こします。いわゆる歯周病です。

菌にとって栄養豊富な膿や血液を利用できるようになれば、これを分解して仲間を増やしながら、「臭い分子」を作り出します。

ちなみに、歯石1gの中に100億の菌がいるそうですよ。

歯石という要塞の中で100億もの最近が臭い分子を生み出していたら、歯磨きだけでは太刀打ちできませんよね。

この歯石を破壊するための攻撃方法が超音波です。

細菌の要塞になっている歯石の除去では、歯石は破壊するけれども健康な歯にはダメージを与えない武器、超音波スケーラーとエアスケーラーを使います。

超音波スケーラーとエアスケーラーのあとは歯石が付きにくくなるフッ素コートを施して、また2~3か月後に除去します。

歯周病になっていると最初は痛いかもしれませんが歯石除去をなんどか行っているうちに歯周病が収まってきます。

そのころには口臭も随分収まっていることでしょう。

口臭が気になる方で歯石除去を習慣にされていない方はぜひ一度歯医者さんにご相談ください。

歯の病気は全て、歯磨きで解決します。

歯磨きが疎かになると、まず口臭が酷くなりますが、自分ではまず気がつかないし、他人も気を使うのか指摘してくれません。http://www.khaosoi.jp/

私が自分の口臭に気がついたのは、持病で入院して2ヵ月後、ある程度は自由に手足が動かせるようになった頃、お見舞いに来た兄に指摘された時のことでした。
大急ぎで自分用のカップと歯ブラシ、歯磨き粉を用意してもらい、歯を磨いてみたら、吐き出した歯磨き粉の泡がこれ以上は無いと言うくらいに真っ赤。
しっかり歯周病が進行していたのでした。

慌てて歯科医に診察を受けたら、「それほど酷くはなっていない。しっかり歯を磨いて、歯石を取るとかの手入れをすれば大丈夫。」とのことでした。
「歯石を取るなんてやった事ないぞ。どうやるのだ?」とビビッていたら、歯科技工士さんが先の曲がったニードルみたいな器具で歯と歯茎の隙間を掃除してくれました。
施術の間にうがいをしたら、細かい血の塊が、うがい薬と一緒に吐き出されてきます。
その後、歯間ブラシの使い方や、正しい歯磨きの仕方の指導を受け、その時の治療は終わりました。
それ以降も、歯を磨くたびに出血していましたが、2週間くらいで止まりました。
今では歯科技衛生士さんや歯科医師から「良く磨けてますね。これなら心配はないでしょう。」といわれる様になりました。

皆さん、歯を磨くに越した事はありません。

大切なのは正しい歯磨きと定期健診

自分の口臭がどうなのか、どのような臭いをしているのかはなかなか自分ではわかりません。

キラハクレンズの効果は評判以上!私の口コミと体験談まとめ!

でも、人と至近距離で話す時や恋人と会う時など、いつも気になっていました。昔から歯磨きは朝昼夜の1日3回で、マウスウォッシュなども使うようにしていたので、それほど人を不快にするような口臭ではないとは思いますが、それでもやっぱり気になります。

というのも、自分が人の口臭にとても敏感で、とくにコーヒーを飲みつつタバコを吸う人の口臭は吐き気がするほど苦手で。あの臭いは少し離れた距離で話していたとしてもわかります。あんな風に人に『息が臭い』と思われるのは絶対に嫌なので、歯医者に言った時に相談してみました。すると「あなたが気にするほどの口臭は全然ないよ」と言ってもらうことができました。しかし「歯磨きの回数が多いと言っても、磨き方が甘い」とも言われました。

今は酷い口臭がなくても、このまま歯垢が蓄積されていけば、いずれは口臭がしてしまうかもしれないらしいです。そこで大事なのは正しい歯磨きと歯間ブラシを使用すること。私はいつも歯磨きをする時は1本のブラシでしていましたが、磨きにくい所や隙間は細くて小さいブラシをもう1本使って磨いた方が良いらしいです。

それから、毎日ではなくていいので、歯間ブラシも使用して歯と歯の間に詰まってしまっている歯垢をしっかりと取り除くように言われました。最後に、虫歯を放置することは歯にも神経にも悪いですし、口臭にも繋がるようなので、定期的に歯医者で歯を診てもらうことが大切なのだそうです。これらのアドバイスを元に今は昔よりも歯や口臭に気をつけているので、人と至近距離で話をすることが怖くなくなりました。これからも正しい歯磨きを続けていこうと思います。

歯ブラシだけじゃダメ!口臭予防の基本は正しい歯磨き。

口臭の原因には、ニンニクなど食べ物由来による一時的なもの、内臓疾患が原因のものもありますが、一番はなんといっても「お口の中の汚れ」です。

http://local1521a.org/

ちゃんと歯磨きをしているという方、フロスや歯間ブラシもしていますか?

段々歳をとるにつれ、歯茎が痩せて、歯と歯の間に隙間が出来てきます。この隙間に、食べカスが挟まり、汚れが溜まっていきます。いくら丁寧に歯ブラシでこすっても、歯と歯の間、歯周ポケットの中にまでは、歯ブラシは届きません。1日3回歯ブラシで歯磨きしても、隙間の汚れは取れないままなんです。

食べ物は腐ると、何とも言えない悪臭がしますよね。あれと同じことが、お口の中で起こっていると考えてみてください。何日もの間、隙間や歯周ポケットに入り込んだ汚れを取らないでいると、口臭がして当たり前なんです。さらにそこから虫歯や歯周病になると、歯茎は炎症を起こし、ますます口臭が酷くなっていきます。

一度もフロスや歯間ブラシを使った事がないという方は、試しに使ってみて、そのフロスなり歯間ブラシの臭いを嗅いでみてください。それが貴方の口臭です。最初は鼻をそむけたくなるような臭いでも、毎日使っていれば、ほとんど臭わなくなります。

基本はフロスで大丈夫ですが、歯間の広い部分は歯間ブラシも併用すると、効率よくお掃除出来ます。ブラシ部分がゴム製の物もあります。ゴム製の方が、最初は怖くなくてオススメです。

フロスは歯周ポケットの中にも入れるようにしましょう。あまり力を入れすぎると歯茎を傷つけますので、痛くない程度に優しく通すようにしてください。コツがいるので最初は時間がかかりますが、段々慣れて上手になってきます。歯医者さんに指導してもらうとより安心です。1日1回、就寝前が効果的です。

最初は面倒だと思いますが、習慣になれば使わずにはいられなくなります。口臭だけでなく、虫歯予防、歯周病予防にも効果的なので、是非チャレンジしてみてください。

自分から発する口臭の悩み

恐らく誰もが気になっているであろう口臭の悩み。 自分では気づかないが、周りにとっては不快に感じている人もいるかもしれない。 口臭チェッカーまで購入した経験があるが、機械なので信用ならない。 かと言って他人に実際に嗅いでもらって調べてもらうのも気が引ける。

評判どう?アリートを実際に使った私の口コミ&効果!

自分は幼少期の頃から面倒臭がりで歯を磨かなかったことが頻繁にあったため口内環境が悪く、現在では20歳の頃から8年間煙草を吸い続けているため、口臭は一般の人よりキツいであろう。 客観的に見て、口臭のキツい人と話をしていると自分でも冷めてしまいそうなぐらい相手のことが嫌いになってしまう。

だから嫌われないために相手と話すときは一歩手前で話すようにしている。 口臭対策として市販で売っているブレスケアを携帯したり、煙草はミント系の物に変えてみたり、糸ようじで食べかすをかき出したり、痛くなった時だけしか通わない歯医者に定期的に受診したりと心がけている。 しかし、ありのままの自然でクリアな口臭を手に入れたいものだ。

子供の頃は学校で口臭を嗅がれたくなかったので学校に行く直前だけ磨いていたが、寝ている間に菌が活発に働くということで寝る直前の歯磨きは丁寧に磨くようにしている。

カテキンパワーで口臭改善

こんにちは。

私は現在医療系大学に通う大学生です。

2年前、口臭が原因で当時の彼女と破綻してしまった経験があります。
流石に傷ついた私は、本気で口臭予防に取り組みました。

最初は、歯磨きやマウスウォッシュに力を入れることによって改善を図りました。
ですが一向に口臭が回復する気配がなかったのです。
歯磨きやマウスウォッシュを使うのは良いのですが、やはり良質なものを使わないと効果を実感することが難しいようなのです。

ブレスマイルウォッシュを辛口評価!効果や口コミ体験談まで完全レポート!

そこで、私は大学にある歯学部の教授に口臭対策について尋ねることにしました。
学生ということもあり、なかなか高価なものを用意することが出来ないので、科学の力でどうにかならないのか気になったのです。

歯学部の教授がおススメしてくれたのは、「お茶を頻繁に飲むことと、お茶でうがいをすること」でした。
というのも、お茶にはカテキンという口臭に利く成分が配合されていて、習慣的にお茶を口に含むことで
多少なりとも口臭が改善することが分かっているのです。

それを聞いた私は、すぐに実践しました。
コンビニエンスストアで、お茶を買って毎朝うがいをしてから学校に通いました。

するとマスクをつけていても、口臭が気にならなくなり自分に多少ですが自信を持てるようになりました。
お茶のカテキン成分は実感できるほど口臭に利きます。口臭に悩んでいる人はまず最初にお茶のうがいを取り入れてみてください。

若い人でも口臭がする

なぜ人は口臭がするのか、年齢が進むにつれ段々とひどくなっていく口臭ですが、今は若い人でも加齢臭のような口臭の方もいます。http://www.alt-base.jp/

私が社会人の頃は女性ばかりの会社で口臭にとても敏感な人たちばかりでした。私自身も仕事が始まる前はフリスクなどを食べてました。

何年か働いていくうちにとても口臭に敏感になり仕事へ出勤する前はビニール袋にハァーっと息を吐いて息を閉じ込め3分後にその空気を抜いて臭くないかな?と毎日確認していました。口臭の原因はいろんな理由があると思いますが、若い人は歯磨きすること。コツとしては歯と歯茎の間を磨くこと、これをするとしないで歯医者さんはきちんと歯が磨けているかすぐ分かるそう。(磨く事で歯茎がキュッと引き締まる為)そしてフロスをするだけで大分口臭も変わってくるのではないかと思います。毎回フロスを全部の歯にするのは大変ですが、するだけでも虫歯予防にもなるし口臭の予防にもなります。歯ブラシはどのようなものがいいかはっきり分かりませんが以前歯医者に行った際に無料でいただけた歯ブラシがとっても良かったです。口臭は自分では気づかない為人に言われる前にセルフチェックしてどうしても気になるのであれば歯医者に行くことをお勧めします。

マスク生活で感じる・・・基本の口臭ケア

コロナ禍でマスクをしている時間が長くなりましたよね。

マスクをして自分の口臭が気になるようになった人も少なくはないのでしょうか?

マスクをすることで気づいた、自分の口臭で気分が沈む・・・

えっ!ということはこれまでこの悪臭を周囲に振りまいていたっっ!!

そんなことを考えているとより気になってきますよね。

ブレスマイルウォッシュの効果

そこで私が実践している口臭ケアを紹介します。

●口臭の原因

まずは口臭の原因を知りましょう。

口臭の原因はさまざまありますが、ほとんどが、

「口内の汚れ!!」

食後に歯を磨かなかったり、磨き残しがあったりするとマスクをしていなくても口臭が気になりますよね。

時間が経つと自分は臭いに慣れてきてしまいますが、口内では食べ物がどんどん腐敗し異臭を放ち出します。

そのため口内を清潔にしておくことが何よりも大切です。

●口臭ケア方法

1、歯ブラシ+αでのケアを心がける

歯ブラシは基本の基本!

でも歯ブラシだけではいくら歯並びの良い人でも汚れは取りきれません!

そこでおすすめするのが、

歯ブラシにプラスして「歯間ブラシ」「デンタルフロス」で歯と歯の間をお掃除すること。

最初は面倒くさいなぁと思いますが、+αするとしないではその後のスッキリ感が全然違います。

サボってしまった時は時間が経つと口臭がかなり気になってきます。

マウスウォッシュを使用している人も多いかもしれませんが、

マウスウォッシュはあくまで最後の仕上げ!

その時はスッキリしますが、根本的な汚れが取れていなければ時間が経つと口臭が発生してきます。

以上私のおすすめ口臭ケアを紹介しました!

ドラッグストアに行くと今は色々なアイテムも売っていますよね。

ついつい「これを使ったらどうかな」「次はこれを買ってみよう!」と思いがちですが、

お金をかけてアイテムを買いあさる前に、この基本のケアをまずは習慣付けてみてはいかがでしょうか?